【紙の本との二刀流向け】hontoの電子書籍ストア評判・レビュー!

増やさないオタ活
広告

この記事では、「電子書籍ストアを利用してみたいけど、hontoの使い勝手を知りたい!」という方に向けて解説していきます。

hontoは、「紙の本と電子書籍の二刀流」なユーザーには非常に旨味のあるサービスです!

この記事を読めば、「hontoのメリット・デメリットを押さえられる」だけでなく、「アプリの使い勝手」についても具体的にイメージして頂けると思います!

それではどうぞ~~~

hontoを使ってみての感想・こんなひとにおすすめ!

hontoはこんなひとにおすすめ!
  • 紙の本をhontoの提携書店で買う人
  • とにかく安く買うチャンスがほしい人
  • 電子書籍ビューアアプリに慣れている人
おすすめじゃないかも……
  • 提携しているリアル書店が近くにないひと

良い電子書籍ストアだと思います。普段から使っています。

hontoはクーポンやキャンペーンの割引率がすごいです!人気作でも50%オフクーポンが適用されるときがあります。「それなら」とついつい買ってしまいますね。

不定期で配信される、「コミックセット25%割引」クーポンが、漫画好きな私にはとてもうれしい!シリーズ物をまとめ買いするときには重宝しています。

私の生活圏内には、hontoと提携しているリアル書店もあるので、共通ポイントが貯まっていくのもおすすめポイントです。

ただ、アプリで本を整理するときに、シリーズ物をまとめてフォルダ(本棚)に入れられないのがちょっと残念です。20冊以上を一回一回クリックして移動させていくのは……ちょっと手間なので……。

今後のアップデートに期待!

hontoの特徴

  • リアル書店・通販・電子書籍のハイブリッド書店!
  • 提携書店とのポイント共通!紙の本との二刀流には貯まりやすい仕組み
  • キュレーションサービスが充実。ずっと見ていられる
運営会社大日本印刷株式会社
運営歴9年
(2012年~)
資本金1144億円
(2018年3月)
品揃え70万冊以上
(ビューアアプリの説明文より)
無料で読める18000作品以上
(2021/5/30時点)
リーダーアプリあり
(iOS、Android、Windows、Mac)
支払い方法クレジットカード(デビットカード可)
auかんたん決済
ソフトバンクまとめて支払い
spモード決済
WebMoney
BitCash
リクルートかんたん支払い
LINE Pay
図書カードNEXT
hontoポイント・クーポン

リアル書店・通販・電子書籍のハイブリッド書店!

hontoは、「リアル書店」、「本の通販」、「電子書籍」のハイブリッド書店です。

「人生にもっと本を」、「電子書籍と紙の本は、敵ではなく仲間です」のキャッチコピーを掲げています。つい「電子書籍と紙の本、どちらが優れているか?」という論争になりがちですが、hontoはどちらも「本」として、「仲間」として扱っています。

提携書店とのポイント共通!紙の本との二刀流には貯まりやすい仕組み

hontoでは、下記の書店と提携をしています。

  • 丸善
  • ジュンク堂
  • 文教堂

通販・電子書籍ともポイントは共通。紙の本と電子書籍の「二刀流」には、ポイントがさらに貯まっていく仕組みです。

電子書籍で貯めたポイントを、リアル書店で使うことも、その逆も可能。より『本』を楽しむことができます。

キュレーションサービスが充実。ずっと見ていられる

hontoのキュレーションサービスである「ブックツリー」は、他のストアでは見ないレベルで充実しています。

キュレーションとは、

インターネット上の情報を収集しまとめること。または収集した情報を分類し、つなぎ合わせて新しい価値を持たせて共有することを言う。

コトバンク

例えば、本のなかでも「自分で料理したくなる、おいしいコミック」という視点で情報を収集し、共有すればそれは「キュレーション」ですね。

hontoの「ブックツリー」では、読者の「興味・関心・気分」に合わせて紹介してくれます。

「読んでなりたい気分」を指定できるのが面白いところ。

「心に響く」、「前向きな気分になれる」、「心あたたまる」、「ハラハラドキドキ」。

まるで処方箋のように、「なりたい気分」に合わせた本を教えてくれます。気分といっしょに「コミック」「小説」などのジャンルも指定できるので、自分の読みやすい本に出会えます!

hontoのメリット

  • リアル書店・通販・電子書籍をはしごするほど、ポイント還元率が上がる
  • クーポン・キャンペーンが多い、割引率が高い
  • 「読割50」紙の本で買ったものを電子書籍で買うと半額になる

リアル書店・通販・電子書籍をはしごするほど、ポイント還元率が上がる

hontoは、「リアル書店」「通販」「電子書籍」のハイブリッド書店。

この3つをはしごするほど、ポイント還元率が上がる仕組みです。

3ストアすべて利用すると翌月ポイント4倍、いずれか2ストアの利用で翌月ポイント2倍になります。

「紙の本」と「電子書籍」の二刀流な本読みには、かなりお得なサービスです。

「電子書籍、通販」で買い物すると100円につき1ポイント、「リアル書店」での買い物は200円につき1ポイントつきます。

クーポン・キャンペーンが多い、割引率が高い

hontoは、クーポン・キャンペーンが多いです。

いつも何かしらのクーポンが発行されている印象。しかも40~50%オフが多く、その割引率の高さにはよく助けられています。

漫画好きとしては、特に推していきたいのが「コミックセット25%割引」!

48時間限定で、コミックセットの値段が25%割引になるという破格のクーポンです!人気作品でも「セット」なら使えます。

「シリーズものの漫画、気になるけどちょっと高いんだよな……」という人におすすめ。

「読割50」紙の本で買ったものを電子書籍で買うと半額になる

「紙の本で買ったけど、本棚のスペース的に泣く泣く売ってしまった……」

「でもまた読みたい……」

こんなときにお役立ちなのが「読割50」。

紙の本で買ったものを、電子書籍で買うと半額になるシステムです。

上のマークが付いている本が対象です。

(漫画にはついてないかと思いきやついていたりするので、このマークが付いている規則性はちょっと不明です。見た範囲では少年ジャンプ系のにはついてなかったです)

hontoのデメリット

  • リアル書店が近くにないひとはポイント共通の旨味を感じられない
  • クーポンを併用できない

リアル書店が近くにないひとはポイント共通の旨味を感じられない

hontoのポイントの凄さは、「電子書籍」「リアル書店」「通販」をフル活用することで真価を発揮します。

しかし、下記の県にはその「リアル書店」がありません。

  1. 栃木県
  2. 富山県
  3. 石川県
  4. 福井県
  5. 和歌山県
  6. 鳥取県
  7. 島根県
  8. 山口県
  9. 徳島県
  10. 高知県
  11. 佐賀県
  12. 長崎県
  13. 熊本県
  14. 宮崎県

2021年5月時点での情報です。

西にいくほどない県が目立ちますね。東京は48店、神奈川は36店あるんですが……

生活圏内に提携しているリアル書店がない方には、あまりポイント共通の旨味を感じられないかもしれません。

クーポンを併用できない

これは、例えば

「コミックセット25%割引」対象のシリーズ漫画と、

「対象商品に使える20%割引」対象の文芸書を

同時に買ったとき、クーポンはどちらか片方しか使えないということです。

買い物かごを2回に分けて支払わないといけないんですね。

上のように、どちらか片方しかクーポンを選べないようになっています。

カゴを2回に分けたら結局同じなので、1回で適用してくれたら楽だなと思います。

口コミ

ポジティブな口コミ

「使いやすい」「品揃えがいい」「紙の本も買える」などの口コミです。

私は雑誌は買ったことがなかったので、「作品ごとに移動できる」というメリットは初めて知りました。「コミック雑誌を毎週買うけどお目当ての作品は決まっている」読者には便利そう!

ネガティブな口コミ

「書店を応援したいのでhontoを使いたいがアプリが使いにくい」「問題集が使いにくい」といった声でした。

ポジティブな口コミを探しているときには、「hontoのアプリは使いやすい!」という声もあったので、ここは個人差かなと。

問題集は買ったことがなかったので盲点でした……。もし「表示が小さい」などの問題だとしたら、「大きい画面で見たほうがわかりやすい」タイプの本は、端末の大きさを変えてみるのも手ですね。

安全性

決済情報を入力する以上、安全性が気になりますよね。

hontoの運営会社は大日本印刷株式会社。資本金1000億円超えの大企業です。運営歴は9年、歴だけでいうと中堅といえるのではないでしょうか。

どれだけ大きい会社でも個人情報が流出することはあるので、「絶対に安心!」とはいえませんが、「大企業が運営していて、運営歴もそこそこ長い」ことは安心ポイントになるのではないでしょうか。

クレジットカード情報の入力画面も「保護された通信」として、第三者には見えないようになっています。

ビューアアプリの書棚機能を解説・レビュー

電子書籍リーダーアプリ・「honto」の機能を解説していきます!

とはいっても、hontoは改めて調べると本当に多機能で

書棚機能・30

ビューア機能・29

もあるんです。ちょっと全部は紹介できそうにないので、いくつかピックアップしていきます!

honto電子書籍リーダー
honto電子書籍リーダー
開発元:Dai Nippon Printing Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ
書棚機能で「これが便利!」
  • 読書進捗の表示
  • 無料の本
  • 読み終わっていない本を探す
  • 関連書籍を探す

書棚機能①読書進捗の表示

ライブラリを、リスト表示にすると上のように「読書中○%」、「読了」と表示されます。

どの本をどこまで読んだか、進捗を一気に管理することが可能です。

書棚機能②無料の本

これは調べていて知ったのですが、hontoはアプリで「無料の本」を読むことが出来ます!ブラウザで読むよりずっと少ない冊数ですが、人気のものが読めます。

タップすると問答無用でダウンロードが始まるので、容量が不安な人は注意がいるかも。もちろんライブラリから削除は可能です。

書棚機能③読み終わっていない本を探す

買った本が増えてくると、自然と増えてしまうのが「積ん読」。

特に電子書籍は、本棚にあるように「もの」としての存在感がないので、けっこうすぐに忘れるものです。

ですが、hontoはアプリで「読み終わっていない本を探す」ことができます。

「メニュー」→「検索」→「読み終わっていない本を探す」

これで、「読み終わっていない本」が一覧として出てきます。

惜しいのは、PCで読んだものが「未読」扱いになることです。

書棚機能④関連書籍を探す

購入した本に限り、「関連書籍を探す」ことができます。

「ライブラリ」→「…」→「関連書籍を探す」

たとえばこちらの本でやると、

created by Rinker
¥1,277(2021/09/20 14:28:17時点 Amazon調べ-詳細)

こんな感じにでてきます。

同じ著者の本、コミカライズ作品、「メイク系コミック」が出てきます。興味が惹かれますね!

ビューアアプリの「ビューア機能」を解説・レビュー!

ビューア機能で「これが便利!」
  • ページ一覧のサムネイル表示
  • 文字組の変更(横書き→縦書き)
  • 縦ページめくり
  • マーカーが引きやすい(手元の拡大)

ビューア機能①ページ一覧のサムネイル表示

ページ一覧をサムネイルで表示することが出来ます。

たとえばこちらの本。

右上の縦並び「…」をタップし、「ページ一覧」をタップ。

引用 山口つばさ『ブルーピリオド』

こんな感じに、小さいページが一覧で全部出てくるのです。

電子書籍では難しかった、「全部のページをパラパラめくってなんとなく読む」行為に近いことができるようになります。

ビューア機能②文字組の変更(横書き⇔縦書き)

これは活字の本に限りますが、「元々縦書きで売られている本」を「横書き」に変更することができます。その逆も可能です。(本による?)

created by Rinker
¥1,277(2021/09/20 14:28:17時点 Amazon調べ-詳細)

こちらの本を例にします。

読書中の画面でメニューを開き、「表示設定」→「画面設定」→「文字組」

引用 劇団雌猫「だから私はメイクする

ここを押すと、横書きに変身!

普段縦書きの活字に慣れている人は、横書きの本って慣れなくて読みづらいですよね。これはその問題を解決してくれるいい機能だと思います。

ビューア機能③縦ページめくり

基本的に電子書籍リーダーアプリは、左右にフリック(タップしたあと左右に指を振る)の動きでページをめくります。

ですが、マンガアプリだと「縦にスクロールしていく」ことでめくるものが多いですよね。

これはその動きに慣れた人におすすめの機能です。

読書中の画面でメニューを開き、

「ページめくり設定」→「縦画面の場合にページを上下にめくれます」をオン

にすると縦ページめくりモードになります。お試しあれ!

ビューア機能④マーカーが引きやすい(手元の拡大)

電子書籍リーダーアプリに、もはや必須の機能といえる「マーカー」。

hontoはこれが引きやすいと思います。

通常、マーカーをひこうとすると手元が見えなくなるので、たいていの電子書籍リーダーアプリは「拡大鏡」をつけてくれています。手元が拡大して、マーカーが引きやすくなるようにですね。

hontoはこの位置が片側に寄るので、邪魔くさくないです。ちょうどいい印象ですね。

ビューアアプリの不満点

これはhontoに限ったことじゃないんですが……タップする位置が微妙に違うと誤動作をするのが煩わしいですね。

例えば、hontoだと読書中に画面の右上をタップすると「しおり」がつきます。あとで読み返したいときに便利なんですが、私が出したいのは「しおり」じゃなくて「読書メニュー」なんだが……というときがあるんです。

そこがちょっとややこしいというか……まあ、慣れといえばそれまでなのですが。いろんな電子書籍リーダーアプリを使っていると、ちょっと混乱してしまうんですよね……

まとめ

hontoの特徴
  • リアル書店・通販・電子書籍のハイブリッド書店!
  • 提携書店とのポイント共通!紙の本との二刀流には貯まりやすい仕組み
  • キュレーションサービスが充実。ずっと見ていられる
hontoのメリット
  • リアル書店・通販・電子書籍をはしごするほど、ポイント還元率が上がる
  • クーポン・キャンペーンが多い、割引率が高い
  • 「読割50」紙の本で買ったものを電子書籍で買うと半額になる
hontoのデメリット
  • リアル書店が近くにないひとはポイント共通の旨味を感じられない
  • クーポンを併用できない

総括すると、「紙の本と電子書籍の二刀流」な人に特におすすめの電子書籍ストアです!

初回特典は「30%オフクーポン」(最大5000円引き)なので、この機会に気になる本を見てみるのもいいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました