【おすすめ美容マンガ】『カワイイ私の作り方』と『しない美容』【化学で比較】

からだのこと

こんにちは、みづきです。

最近とても良い漫画に巡りあってしまいました!

『カワイイ私の作り方』です。

長年付き合っていた彼氏に浮気され、仕事も契約切りにあった浅黄秋、27歳。

落ち込みながらやけ酒をしていたときに現れたキラキラ女子・春乃は

「お姉さんはカワイくないから ふられたんだよ」

と言い放った!

素直になれない頑な女子・秋の人生を、この出会いが変えていく!

不器用アラサー女子の変身ストーリー!!

pixivコミックで知ったのですが、私自分が絶賛発展途上だからかこういうお話大好きなんですよね。

なんていうか、美容の知識を気負わず勉強できて、かつ応援したくなる主人公の奮闘劇、みたいな。

『甘々と稲妻』も料理に関してそんな感じだったなぁ。

何かを教えてくれて、かつ「自分もがんばるぞ!」って思える本や漫画が私のツボのようですね。

春乃のヘアケア

この漫画は美容に関するマメ知識がちょいちょい出てきます。

ネイルケアとか、ヘアケアとか、リップケアとか。

メイク直しのコツもありましたね。

私には新鮮で、それがまた楽しい!

 

まぁ詳しい人からすれば知ってる知識なのかもしれませんけど、マニキュアを塗るときの爪の順番とか、リップケアはまずコットンでカワムケを拭き取るとか、私には全然知らないことが出てきて、「へーーーっ!」ってなってます。

なかでも一番興味が引かれたのがヘアケア。

 

作中で春乃は「どんなに綺麗なメイクをしても 素敵な服やアクセサリーを身につけても 髪が綺麗じゃないとなにをしても 可愛くないの!!」と主張しています。

 

これ、ぐさーーーっと刺さりました。

 

うう、私くせっ毛なんですよね。

しかも毛量がすごく多い。その上伸びるスピードも速い。

二ヵ月も髪を切らずに放置したら、久しぶりの美容室で切った髪の量が

「く、クロネコ…??!!(しかも大人の!)」

って思ったほど多かったくらい多いです。

なのでちょいちょいストレートパーマかけてるんですけど、それでもなんか広がる。

拭えないボサボサ感。

そうか…髪が基本なんだな…

気を付けよ…。

 

でもどう気をつけたらいいのか!

それすらもわかんねえ!!

そんな私にも大丈夫!とばかりに春乃がヘアケアを紹介してくれます。

ざっくりまとめるとこんな感じ。

 

1洗う前にブラッシング

2シャワーの温度は38度のぬるま湯に設定。

3シャンプーの前にシャワーで地肌の汚れを落とす

4シャンプーは必ず泡立ててから髪につける

5コンディショナーは髪を束に分けて指で梳くようにしてなじませる

6タオルで優しく水気をとる

7ドライヤーで乾かす前に毛先を優しく梳かす

8根元から毛先の順に素早く乾かす

9毛先にヘアオイルを軽くなじませる

10寝るときは摩擦と乾燥防止にナイトキャップをかぶる

 

 

こ、こまけぇ……!!

3くらいしかやってないよ。美人ていつもこんなことしてるの……!!

ていうか髪洗うのに38度ってぬるすぎない?体冷えて風邪ひかない?

色々考えることはありますが、(冷えの問題で2だけは除外)とにかくやってみることにしました。

しかしここで私が注目したのは9の「毛先にヘアオイルを軽くなじませる」

ヘアオイルの存在は友人に教えてもらって知ってはいましたが、私の中でそれはスタイリング剤でした。

なるほど、夜寝る前につけるとサラサラになるのか……

これはくせっけとしてはぜひともやってみたい……

が!!!

そこで思い出したのは美容化学者・かずのすけ先生の「今のオトナ女子は『ムダな美容』をやりすぎている」という主張。

 

うーーーん、ちょっと下調べしてみるかなぁ。

そう思って買ってみた本がこちら。

「オトナ女子のための美肌図鑑」の続編です。表紙のテイストがまるで違うから全然わかんなかったっす。

けど中身にはあの、なんか腹立つけど癖になる独特のイラストでの「オトナ女子」たちが健在です。

 

んで、このシリーズ、美肌図鑑と銘打ってはいますが、ヘアケアやボディケアについても書かれています。

そのなかに、ヘアオイルについて書かれているページがありました。

おお、ラッキー!ドンピシャじゃないか!

 

どれどれ、ヘアオイルについてはなんて書かれてあるのかな。

おすすめの成分とかかな?

「サラサラヘアが理想なら、

「ヘアオイル」は捨てなさい」

 

 

えっ

な、なんだって……??!!

 

 

じゃあ春乃のヘアケアは間違いなのか!?

 

この本によれば、「ただでさえ整髪料やトリートメントなどで油まみれの髪に、オイルまで塗るのは余計」とのことでした。

ヘアオイルの多くは「シリコーン」が主成分で、「シリコーン」は落ちにくい油。

クレンジングシャンプーをしないとシリコーンが残りがちだそうです。

アルガンオイル100%などの油脂100%は、紫外線やドライヤーの熱で酸化し、異臭の原因になることもあるとか。

さらに、油性の物質同士はお互いに引かれあう性質があり、くっつきやすいのが特徴。

シリコーンが残った髪にヘアオイルや整髪料、トリートメントなどを塗り続けると油と油がくっついて髪がギトギトになり、ヘアカラーやパーマの薬剤も浸透しづらくなるそうです。

 

なんだって……

春乃はふわふわのいい匂いがする描写があるし、髪もサラサラで綺麗に巻かれているというのに……??

やはり漫画はフィクションなのか……??

いやでも、美容の知識も満載なところがこのマンガの売りなのに……??

 

しかしクレンジングシャンプーをするとヘアオイルは残りにくいとも読めるので、春乃はどうやらクレンジングシャンプーをしているようですね。

ふぅ、あぶないあぶない。カワイイ春乃が崩れるところでした。

知識を覚えようとすると、表面だけでなく裏側の部分まで見えてくるのですね。

春乃はクレンジングシャンプーをしているとか、たぶん漫画だけでは知りえなかった……

正しい知識を身につけて、くせっけを卒業したいと思います。

 

……ていうか、この二冊を買ってからちゃんとヘアケアをしてるんですけど、確かにけっこうサラサラしてきた気がするんですよ!

広がらないっていうか。

あんまり地肌をごしごし揉まないようにして、シャンプーを泡立てネットできちんと泡立ててから洗うようにしたんです。あとちゃんとブラッシングして。

そしたら、そしたらですね、ストレートパーマをかけた直後みたいになってきた!!

びっくり!!

作中で秋も、「私の気のせいかもしれないけど、ちょっと綺麗になれたかもって自分で思えるの うれしいですよね」って言ってます。

他の誰かに気づかれたならそれはそれでうれしいかもしれないけど、気づかれなくてもこんなにワクワクできてうれしいものなんですね。ふへへ。

 

これからも続けていきたいと思います!

それでは今日はここまでで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました