【定額読み放題】KindleUnlimitedのメリット・デメリット解説!

増やさないオタ活
広告
  • 「Kindle Unlimited」ってどんな感じ?
  • メリット・デメリットを具体的に知りたい!
  • 実際に使ってるひとの感想が知りたい!

Amazonの定額読み放題サービス「Kindle Unlimited」。いろいろな本に手を出す私には、正直「めっちゃいい」という感じです。

2020年5月ごろに再入会してから(一度退会した経験あり)、約1年使ってきました。

使い倒してきたと思っているので、メリット・デメリットを合わせて紹介していきます!

▼月額980円!▼

どんな本が読めるかを知りたい方は、「【女性向け】乙女ゲーマーが選ぶKindle Unlimitedのおすすめ漫画&小説【20選】」をどうぞ~~~

KindleUnlimitedは月額980円で多ジャンルが楽しめる読み放題サービス

KindleUnlimitedは、Amazonが出している定額読み放題サービスです。

月額980円で、いろんな本を楽しめます。概要は下記。

月額980円(税込)
対応端末パソコン、スマホ、タブレット
体験期間30日間無料
支払い方法デビットカード可、クレジットカード、携帯決済
所持可能冊数10冊(それ以上はほかを削除しないと読めない)

対応端末はパソコン・スマホ・タブレット。

スマホは「Kindleアプリ」がインストール可能なら閲覧可能です。

Kindle
Kindle
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted withアプリーチ

取り扱うジャンルも多岐にわたります。

Kindle Unlimitedのジャンル
  • 文学
  • ビジネス
  • コンピュータ・IT
  • 趣味・実用
  • 暮らし・子育て
  • コミック
  • ライトノベル
  • 雑誌

ラインナップは定期的に変わるので飽きがこないのも特徴。

Kindle Unlimitedを実際に1年使ってみての感想

とんでもねえ沼です。

私が登録したときは「3ヶ月99円」のキャンペーンプランがあって、それにつられる感じで登録しました。3ヶ月後の退会を忘れないようにしないとなあ、と思っていました。

ですが、結局利用し続けて今に至ります。

これがなぜかというと、シンプルに「読んだ本の数に対して月額980円は安い」からです。

私はオタクなのでマンガも読むのですが、最近ビジネス書も読むようになって、本代がそれはもううなぎのぼりでした。ですがKindle Unlimitedが意外と本代のストッパーになるんですよね。

「このひとの新刊ほしいけど、Kindle Unlimitedに同じ内容で書かれている本があるな。まずはこちらを読んでみるか」

って感じで、「買いたい!」という気持ちを一度置いておくことができるからです。

あと、使いこなせなくて一度退会してるんですけど、その手続がかんたんだったことも、個人的には安心して続けているポイントでした。

KindleUnlimitedのメリット

KindleUnlimitedのメリット
  1. 月1冊の値段で和書12万冊が読み放題
  2. いろんな端末で読める
  3. 「買わない」ので新しい本に手が出しやすい
  4. 場所をとらない・重くない

以下、解説していきます。

月1冊の値段で200万冊が読み放題

前述のとおり、KindleUnlimitedは月額980円です。

だいたい本一冊ぶんの値段ですね。漫画なら2冊、ビジネス書なら1冊以下というところ。

これでどれくらいの本が読めるかというと、200万冊以上。(和書は2020年8月時点で12万冊ほどでした。現在は明確な数字が出ないようになっています…)

すごい冊数ですね。

洋書のラインナップと比べるとやはり和書の冊数は見劣りしますが、それにしたって12万冊ですよ。

ジャンルも幅広いです。

KindleUnlimitedのジャンル
  • 文学
  • ビジネス
  • コンピュータ・IT
  • 趣味・実用
  • 暮らし・子育て
  • コミック
  • ライトノベル
  • 雑誌

まるで持ち運ぶ本屋!!

このなかでも、ヲタクの私としてはコミックと雑誌の幅広さがお気に入りです。

いろんな端末で読める

KindleUnlimitedは、スマホ・タブレット・パソコン・Fireタブレットで読むことができます。

端末同士で「読んでいた場所」の同期も可能なので、

「通勤中スマホで読んでいた続きを、家でタブレットで読む」

ことも可能。

これが地味に便利なんですよね。どこまで読んでたっけ?と考えなくていいです。

「買わない」ので新しい本に手が出しやすい

本屋で気になる本を見つけたとき、私はまず「今月の本代、すでにいくらか使ってたな……」とお財布の中身を考えてしまいます。

ですが、Kindle Unlimitedは月額980円で読み放題。1冊読もうが100冊読もうが、月額は変わらず980円です。

そうなると、「気になる本」に手を出しやすくなります。なんせ追加料金がないので。

なんなら、月額980円といえ、毎月の出費ですから、ほとんどの人は「元を取ろう」としますよね。

今月はなにを読もうかな~~……

そうなると、「意外な出会い」が起こります。

コミック目当てで登録したのが、話題のビジネス本を読もうと思ったり。

雑誌目当てで登録したのが、ライトノベルを読みたくなったり。

こういった意外な出会いを逃さなくてよいのが、KindleUnlimitedのメリットです。

場所をとらない・重くない

片付け中のヲタクとして最推しポイントがここ。(ちなみにオタクの片付け記事も書いてるのでどうぞ)

電子書籍なので、当然ながら場所をとりません。

12万冊の和書が読めるのに、スマホひとつあればいいんです。

すごすぎんか???

特に、アニメ系やゲーム系の雑誌というのは、だいたい月刊誌なので、溜まってくるとかなり場所をとります。古雑誌で出すのもけっこう面倒なものです。

しかし、KindleUnlimitedなら、読んだらそのままでOK。

古雑誌の回収の前日に、重たい雑誌を紐でくくるあの面倒な作業がいりません!

また、10冊読んだとしても電子書籍なので、重さはせいぜいスマホ1台ぶん。10冊の本をかばんにつめこんだりしたら肩が取れそうに重くなりますが、Kindle Unlimitedはそんなことにはなりません。

KindleUnlimitedのデメリット

それでは、以降は逆にKindleUnlimitedのデメリットを紹介していきます。

  1. 月額980円かかる
  2. ものによってはスマホでは読みにくい
  3. 同時に所持できる冊数が10冊まで
  4. 気になるものが必ず配信されるとも限らない
  5. 配信期間が短いものもある

月額980円かかる

月額980円かかるという点が、「本の読み放題に980円って高くない?」と感じる方もいるでしょう。

月2冊以上で元がとれるとはいえ、それほど本を読まない人には確かに高いかもしれません。

「自分がどういうジャンルの本を、月に何冊読んでいるのか」を知ったうえで登録するのがおすすめです。

ちなみに、他の書籍読み放題サービスとの比較表がこちら。

サービス冊数(約数)月額(税込)
コミックシーモア漫画、雑誌など3万2千冊
(読み放題ライトパック)
780円~
ブック放題雑誌350誌
漫画3万冊
550円
まんが王国ポイント制
月額300ポイント~
330円
楽天マガジン雑誌600誌418円
(年間契約で3960円)
KindleUnlimited漫画、実用書、文芸、雑誌など
和書12万冊
980円
2020年8月現在

KindleUnlimitedは幅広いジャンルをカバーしつつのこのお値段なので、割高ということはないと思いますが、「このジャンル、別に読まないんだよね」という場合は別のサービスでも代替可能ではあります。

ものによってはスマホでは読みにくい

KindleUnlimitedには、図解版のビジネス書や、技術書もラインナップされています。

それ自体は大きなメリットですが、ものによってはスマホでは読みにくいこともあるでしょう。

その場合はKindle端末や、iPadなどのタブレットを使うのがおすすめです。

Kindle端末は基本的にモノクロなので、カラーで読めるタブレットだと、より読みやすいです。私はiPadを使っています。

ただ、漫画やふつうの本はスマホでも問題なく読めます。

電子書籍を読むタブレットの選び方については、「【漫画を見開きで読みたい人向け】電子書籍を読むタブレットの選び方とおすすめ機種」をご覧ください。

同時に所持できる冊数が10冊まで

使っていて意外と不便に感じるのがこれです。

KindleUnlimitedは、同時にライブラリに入れておける冊数が決まっています。

10冊以上をライブラリに入れようとするなら、所持しているどれかを削除しなければいけません。

もちろん、削除しても配信されている間はまた入れ直して読むことが可能です。

ただ、ライブラリの整理がちょっと面倒というか。せめて20冊ならいいのになあ

気になるものが必ず配信されるとも限らない

KindleUnlimitedは和書12万冊が配信されていますが、そのなかに自分の読みたい本が絶対にあるとも限りません。

特に漫画は、シリーズ物の前半は配信されていますが、後半や最新刊は配信されていない、という形式であることが多いです。

続刊が気になるなら買ってどうぞ、ということですね。

前半が読み放題で読めるぶんお得ではあると思いますが、ちょっと残念な点です。

配信期間が短いものもある

前の項目の「配信されるとも限らない」と似ていますが、Kindle Unlimitedは「一度配信されたらずっと配信!」というものでもありません。

一定期間配信されたら、「そろそろ配信終了するよ~」という通知がKindleアプリにきて、期間が終わったら終了です。

体感としては、人気作品ほど「あっもう終了するの!?」ということが多いですね。

お目当ての作品が配信されたら、すかさず利用するといいです。

KindleUnlimitedの登録方法

KindleUnlimitedを利用するには、Amazonのアカウントが必要です。

  • Amazonアカウント
  • 支払い方法の選択
  • 利用プランの選択(1ヶ月試すか、2ヶ月登録するかを選べる場合あり)

以上を登録すれば、終了です。かんたんですね!

流れを説明します。

まずはKindleUnlimitedの登録ページにアクセスします。

すると、このような画面に飛びます。

「サインイン」をクリックします。

Amazonアカウントでログインする画面になります。

アカウントを持っていない場合は、下のグレーのボタンの「Amazonアカウントを作成する」をクリックします。

アカウントを作成する場合は、これらの項目を入力します。

メールに確認コードが送られてくるので、入力したらAmazonアカウントの登録は完了です。

次に、KindleUnlimitedの登録をします。

ここで、「無料体験を始める」という黄色いボタンをクリックします。

キャンペーンプランが選べるときがあります。

  • 30日間無料体験
  • 二ヶ月間99円

このどちらかを選ぶことができます。

30日間無料体験のほうは、二ヶ月めはふつうに980円かかるので、「二ヶ月間99円」のキャンペーンプランのほうがお得です。

キャンペーンプランがあるときは、ぜひそちらを申し込むことをおすすめします!

最後にクレジットカードかデビットカードの登録をして終了です。

KindleUnlimitedの退会方法

サブスクリプションを利用するとき、気になるのが

「いざというとき、退会しやすいか?」ですよね。

KindleUnlimitedは、かんたんに退会できます。

まずはKindleUnlimitedのトップページを開きます。

トップ画面の右下に、このような文字があるので、

「マイページ」をクリックします。

このような画面が出るので、下の「KindleUnlimited会員登録をキャンセル」をクリックします。

確認画面で「メンバーシップを終了する」を選べば、退会が完了します。

Kindle Unlimitedの検索の仕方

Kindle Unlimitedの利用をしていて意外とつまづくのが、「うまく検索できない」こと。

私も初回の利用時には「そんなに読みたいものないな?」ということで、一度利用をやめたことがあります。

検索方法がちょっとコツがいるのです。今後運営にはぜひ使いやすくしていただきたいですが、とりあえず現時点では下記の方法で対応しましょう。

検索方法①読みたい本を「ピンポイント」で探す

ここで例に上げるのは、2種類のコミック化がされているライトノベル「薬屋のひとりごと」。

(低温クール系なのに毒には目のない主人公が可愛くてかっこいいです)

まずはAmazonのトップページにアクセスします。

上部の検索バーに、「薬屋のひとりごと」と入力します。

こんな感じに検索結果が出てくるので、スクロールしていきます。

でました、原作の1巻です。

値段が0円、「Kindle Unlimited会員は追加料金なし」と書いてありますね。このように表示されているものは、Kindle Unlimitedの対象です。

あとは右横の黄色い「読み放題で読む」ボタンを押せば完了です。

検索方法②読みたい本を「手広く」探す

①の検索方法は、「読みたい本が決まっている」うえに、「Kindle Unlimited対象である」ことがわかっていないと手間です。

なので、使いやすい検索方法は②です。読みたい本が「ジャンルまでは決まっている」場合に使えます。

まずは「Kindle Unlimited」のトップページにアクセス。(会員登録したうえでアクセスすると下記のようなページにうつります)

この時点ですでに、

  • 今月の新着タイトル
  • Kindle Unlimitedのおすすめ商品(閲覧・購入履歴にもとづく)
  • マンガのおすすめ商品
  • 人文・思想のおすすめ商品
  • 購入履歴にもとづくおすすめ商品
  • 閲覧履歴にもとづくおすすめ商品
  • ストアの人気タイトル
  • ストアの人気まんがタイトル
  • 書籍の人気タイトル
  • マンガの人気タイトル
  • 雑誌の人気タイトル

以上が表示されてきます。(まんが中心の表示なのはおそらく私個人の閲覧・購入履歴にもとづいているからです)

こんな感じです。

(ブラザーズコンフリクトを検索してたらおすすめ商品をジャックされてた)

ここで気になるものを見つけたら、もちろん利用を開始してOKです。

ここでも見つけられなかった場合、さらに検索していきます。

トップページの中央にスライドされる部分があります。

その右下の、「カタログで本を探す」をクリックします。

こんな感じに一覧がでてきます。

左の柱部分でジャンルが選べるので、

ここでは例として「ライトノベル」をクリック。

すると、このように「Kindle Unlimited対象」の「ライトノベル」が抽出されます。

カスタマーレビューをクリックすると、「評価☆4以上」などに絞れるので、人気タイトルに出会える確率がぐっと上がります。

KindleUnlimitedはKindle端末がないと読めない?【そんなことない】

「KindleUnlimited」という名前ですから、「Kindle端末」がないと読めないと思っている方も多いのではないでしょうか。

実は、Kindleは「Kindleアプリ」(無料)をインストールすれば、iPadでもタブレットでも、スマホでも閲覧可能です。

もちろん大きな画面のほうが読みやすいので、個人的にはタブレットがあったほうがいいのではないかと思いますが、最初はスマホで試してみるのもありだと思います。

Kindle
Kindle
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted withアプリーチ

【漫画を見開きで読みたい人向け】電子書籍を読むタブレットの選び方とおすすめ機種

まとめ

以上、KindleUnlimitedのメリットとデメリットを解説してきました。

まとめます。

KindleUnlimitedのメリット
  1. 月1冊の値段で和書12万冊が読み放題
  2. いろんな端末で読める
  3. 「買わない」ので新しい本に手が出しやすい
  4. 場所をとらない・重くない
KindleUnlimitedのデメリット
  1. 月額980円かかる
  2. ものによってはスマホでは読みにくい
  3. 同時に所持できる冊数が10冊まで
  4. 気になるものが必ず配信されるとも限らない
  5. 配信期間が短いものもある

バランスの良い読み放題サービスだと思います。興味あればぜひどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました